デイリー・アンティークスのドールハウスミニチュアブログ

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


2019.01.07 Monday  ガレット・デ・ロワ

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
2019年もどうぞよろしくお願いいたします(*``*)。

皆様、年末年始どう過ごされましたか〜。
私は、年末に忙しく予定が詰って、年始は大掃除(/'о')/という。あんまりお正月感の
ないお休みで終わりました=3。
ミニチュア ガレットデロワ
さて。
基本和物は作らないので1月に何を作るか?で毎年悩むのですが、ずーっと作りたかった
のはコレ↑、ガレット・デ・ロワです♡
1月6日のエピファニー(キリスト様の誕生に際して東方の三博士が来訪し礼拝したことを
祝うカトリックの祝日)に、フランスで食べられている伝統のお菓子。
中にはフェーヴという小さな人形(それ以外の形のもアリ)が入っていて、切り分けて
食べる時にそれが当たった人は一年間幸福でいられると言われています。
ミニチュアパイ
小さいもの好きの私に至っては、ガレットデロワより先にこのフェーブの存在を知った
という・・・汗。
(蚤の市などでもいっぱい売られているから、コレは何?となった訳です)ミニチュア
好きの方はフェーヴもお好きかも!?
いろいろな形があるから、コレクションしたくなっちゃう。中にはドールハウスの小物と
して使えるものもあるかもしれませんね〜。

↑私物のフェーヴと一緒に撮影してみました。これはプラスチック製なのですが、陶器
のが主流です。陶器のもいくつかコレクションしてたハズなんだけど、、、どこに入れた
のか見つからない(;д;)!
ミニチュアお菓子
王様のお菓子、という意味のガレットデロワ。
フランスのお菓子屋さんでは紙製の王冠を付けてくれます。
(ということで、ミニチュアでも作りました♪)
ガレットデロワ
パイの中にはアーモンドクリーム。
あぁぁアーモンドプードル(アーモンドパウダー)の入ったお菓子が好きでタマラナイ!
困ったことに製作中食べたくなっちゃう(×。×)!

今回作ったガレットデロワはちょっと小さめ。
(・・・これ自体がフェーヴに見えなくもない)
でもクリスボンのケーキスタンドにペーパードイリーを敷いたら、とってもピッタリサイズ
だったので1点はこのセットで接着しようかな。
ミニチュアケーキ
余談ですが、、、(お菓子好き以外の人はスルーして下さい。笑)ガレット・デ・ロワ、
という名前を思い出そうとすると、ピティビエ、と出てきてしまうワタクシ。
この機会にどう違うのか調べてみました。
かなり諸説あるようですが、ガレットデロワはアーモンドクリーム以外にクレーム・パティ
シエール(カスタードクリーム)が入っているらしい。デロワは平たく大きいのに対して
ピティビエはもう少し小ぶりで厚みがあるらしい。
デロワはボルドー発祥のお菓子、ピティビエはロワール地方ピティビエ市発祥のお菓子
ですって。
ま、でもフランス人でも”新年に食べるフェーヴ入りのピティビエがガレットデロワ”と
思っている人さえいるようで、厳密な違いが分かる人は少ないみたいでした、、、。
日本で言うと”おはぎ”と”ぼた餅”の違いみたいな?

さてミニチュアでは他にもフランスのお菓子を作っています♪
今月はバレンタインのアイテムも作る予定ですし、その他にも考え中〜☆
がんばらなくっちゃ!




デイリー・アンティークスミニチュア
デイリー・アンティークスミニチュア専門店
http://daily-antiques.ocnk.net/



インスタグラム

 

JUGEMテーマ:ミニチュア


 




2019.09.22 Sunday  スポンサーサイト

- . -



Profile

Category

Archives

admin